コラム

独自開発理論

大和の独自開発理論

当方では実践心理学NLPをはじめとして、脳科学・交流分析・哲学・ゲーム理論・記号論等々、心のメカニズムを解析・把握する為に様々な学問分野の概念を融合して独自の理論を開発しています。

そしてその理論は、一般的によく扱われる統計上の疾病分類的なラベル分けではなく、人の抱くバイアス(心の偏り・偏見)の仕組みの理解に重きを置いています。


アソシエイトの原理(ひも付け理論)
概要
「アソシエイト」とは直訳では「連想」、「関連付け」と訳されますが、実践心理学NLPでは「主観」と言う意味の用語です。

アソシエイトの原理は、人間の主観的な反応パターンを連想ゲームのように捉えて把握する理論です。物理学の「ひも理論」に因んで「ひも付け理論」とも呼んでいます。

自分のよく陥るネガティブな心理的反応のパターンの解析に有効です。

※Evernoteに移動します。


大和流ゲーム理論(ゲーマーズ理論)
概要
「大和流ゲーム理論」は、人が他者との関係性でよく陥る不毛なゲームの戦略的メカニズムを交流分析をはじめとした心理学とゲーム理論の概念を融合してその行動原理を解明しようと試みた理論です。

プレイヤーが自己の最大利得を図る為に行動すると言う点ではゲーム理論と同じですが、その動機の主要因に欠乏感や、自己矛盾を感じたくないと言う思いがあると捉えています。この理論により、不毛なゲームの仕掛け人(ゲーマー)の生態がよく分かるようになりますので、「ゲーマーズ理論」とも呼んでいます。


記号論的心理学
概要
「記号論的心理学」とは、人の放つ様々なメッセージの意図や、コンテクストに込められた思いを心理学や分析哲学・記号論等の概念を参考に読み取る為に構築した理論です。

日常のコミュニケーションの背景に潜む記号や物語を読み取ったり、メディアリテラシーを身に付けるには大変効果的です。



※各理論の詳細な内容は後日、コンテンツがまとまり次第掲載する予定です。